加齢、神経疾患、その他により飲み込む力が弱くなり、むせる回数が増えるなどの症状が出ることがあります通常健康な方なら、多少のむせで肺炎になることはありませんが、体力の弱っている方が、むせると肺炎(誤嚥性肺炎、嚥下性肺炎)を引き起こします。

肺炎防止には、

1)リハビリテーション

2)手術療法があります

まずは、誤嚥があるかどうかを正確に診断することが必要です

当院では、随時、

ファイバースコープ下での水のみテスト

を行っており、必要があれば上記の治療ができる施設に紹介しております

HOMEへ