上咽頭(鼻の奥にある、のどの一番上の部分)に塩化亜鉛を塗布する治療は

俗にBスポット療法

といわれ、東京医科歯科大学の故堀口申作先生が提唱された治療法です

万病に効くと、宣伝されたため、科学的な評価を受けることはできませんでした。

しかしながら、

この薬剤の処置により、のどの痛み、違和感がおさまる患者さんが多数いるため

希望者に限り当院ではこの治療を行っています

(のどの違和感、鼻の疾患,後鼻漏に関しては保険医療の範囲で行いますが、その他の疾患、肩こり、線維筋痛症などに関しては自費診療となります)

HOMEへ