月 
9:30-12:20
   3:00-6:00
 火 
9:30-12:20
 水 
9:30-12:20
3:00-6:00
 木 
 金 
9:30-12:20
3:00-6:00
 土 
9:30-12:20
 日 
診療時間

駐車場5台完備

 花粉症  

 耳鳴り   

扁桃腺 

飲み込みにくい

 のどの癌  

 耳あか(耳垢)  

声が出ない

滲出性中耳炎

茅ヶ崎駅より徒歩2分   E-mail:yugejibi@mac.com

往診,Bスポット治療は必ずメールにて問合せください

ご連絡なしでBスポット治療希望で来院されても準備の都合上

その日にはできないことがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

患者さんに質問された事項を掲載しております

花粉症が一発で治る注射があると聞いたのですが、やっていますか?

原則として現在は行っていません。

スギの花粉のアレルギーがあるか知りたいのですが?

抗原検査は、保険がききますが、かなり費用がかかります。抗原の種類によって薬が変わることはありませんので、費用対効果として考えるとあまり推奨はできません。 
このため検査は当院では行っておりません。どうしてもアレルギーの抗原の種類をお知りになりたい方は、検査のできる病院を紹介いたしています。

蓄膿症かどうか調べてください

随時、副鼻腔ファイバー検査を行っております。蓄膿症(慢性副鼻腔炎)と考えられる症例には、マクロライド少量長期投与を行っております。

子供がずっと鼻をたらしているのですが

子供は大人に比べて、構造上副鼻腔炎を起こしやすくなっております。
 大人になるにつれて、だんだんと改善することがほとんどです,希望される方には小児でもマクロライド少量長期投与を行います。しかしながら大人ほど効果が期待できないのが現状ですので、鼻の掃除を定期的に行うことも捨てがたい選択だと考えております

子供の耳垢(耳あか)が取れないのですが、とっていただけますか?

0歳児から対応しております。保険適応です

風邪か花粉症かどうかわからないのですが?

風邪を治す薬はありません、いわゆる風邪薬は風邪の諸症状を緩和する薬で、
 鼻水止め、咳止め、熱さましの合剤です。
風邪薬のなかの、鼻水止めの成分は抗ヒスタミン薬ですが、
副作用として、のどが渇く、 眠くなる、 などの副作用があり、
また前立腺肥大、緑内障の方は使えません。
花粉症に用いられている抗アレルギー薬は、抗ヒスタミン成分が主でありますが、
(風邪薬に含まれている)抗ヒスタミン薬よりも副作用がすくないため、風邪と考えられる場合でも鼻水がでて困るような状況でしたら、抗アレルギー薬のほうをお勧めします。

突発性難聴と診断されました、入院しないとだめですか?

 急に聞こえが悪くなる疾患として代表的なものに、突発性難聴があります。
 治療法としてステロイドの内服、点滴療法が第一選択とされています。ステロイドの内服であれば当院にて対処可能ですが、糖尿病、高血圧などの合併症がある場合、難聴の程度がひどい場合、めまいを伴う場合などは入院して全身管理をしながら、点滴療法を選択したほうがよい場合があり、その場合はしかるべき施設に紹介しています

急に声が出なくなりました

急に声が出なくなる疾患として、急性喉頭炎、声帯ポリープ、喉頭麻痺 喉頭腫瘍などがあります。当院では、随時喉頭ファイバースコープ検査を行っており、疾患に応じて治療を行っております。

急に飲み込みが悪くなりました

飲み込みが悪くなる疾患として、、加齢性変化、パーキンソン病などの神経疾患、のどの腫瘍、頚椎の病気などいろいろなものがあります。当院では随時喉頭ファイバースコープ下にて飲み込み検査をして、原因の発見に努めております。

首に腫れ物があるのですがこれは耳鼻科でみてくれるのですか?

首に腫れ物があるとき、内科に行く人は多いと思いますが、
首の腫れ物は耳鼻科で扱う疾患です。頭頚部腫瘍の転移、悪性リンパ腫、結核など命にかかわる病気が隠れていることもありますので、一度耳鼻科での受診をお勧めいたします

めまいは耳鼻科でみてもらえると聞いたのですが?

平衡をつかさどる神経と耳の神経はとなりあっており、めまいの原因として耳が関係していることが多くあります。このため、めまいは耳鼻咽喉科で扱う疾患となっております。もちろん診断後、脳外科、神経内科領域に原因があれば、専門の病院を紹介いたします。

のどの癌が心配です

タバコをたくさん吸われる人は喉頭癌に、お酒をたくさんのまれる人は下咽頭癌にかかりやすいことが、疫学的に証明されています。心配な方は一度受診をお勧めいたします。予約なしで随時ファイバー検査行います。

漢方薬を処方してほしいのですが

ツムラの漢方薬を処方しています。処方例として、扁桃炎に小柴胡湯加桔梗石膏、長引くセキに麦門冬湯、耳管開放症に加味帰脾湯などを処方しています。西洋医学的アプローチではなかなかよくならない場合、漢方薬を使うとよくなることがあります

のどの違和感が続きます

のどの違和感が続く場合、当院ではまず、咽頭、喉頭の詳しい検査をして、悪性の病気を否定します。場合によって、食道の病気(食道癌、逆流性食道炎など)が疑われる場合は、必要に応じて食道の検査できる病院を紹介いたします
 明らかにのどの違和感を起こす疾患が認められない場合、異常感のみが存在する病気(異常感症)として、漢方薬(半夏厚朴湯)、安定剤などを処方することがあります。

赤ちゃんの鼻がつまり、苦しそうなのですが?

0歳児より、鼻の掃除を行っています。生後数週間の赤ちゃんでも対応可能です

 

 


 

茅ケ崎 駅北口  弓削耳鼻咽喉科

      (ゆげじびいんこうか)

最終更新日 平成29年6月14日

赤字:待ち時間30分以上になることがあります

 



English